日本国内でのレーシック実績

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。
レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。 日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 



- 注目サイト -

メール便はここへ
URL:http://postmail.co.jp/
メール便クリック


日本国内でのレーシック実績ブログ:20-10-20

今日の7時、久々にこんな夢を見ました。

ぼくは夢の中で学生に戻ってて、
4〜5人のグループの中にいつもいて、
その子たちと常に行動していたようです。

だけどある日、ぼくの知らない間に
グループでの旅行の話しが進んでをしていたのを偶然耳にします。

「どうしてぼく一人がそれを知らないの!?」
ってぼくは夢の中で、あまりの悲しさに号泣するんです。
皆黙ってしまって、誰一人何も言ってくれません。

夢の中で、
ぼくはやっぱり皆に嫌われているから誘われなかった!
ぼくはどんなに頑張っても愛されないんだ!!

…そんな思いを持ちながら、明け方目覚めました。
目覚めたのは、
自分がすごく泣いているのに気づいたからだと思います。

隣にいる旦那を起こさないようにしていましたが、
しゃくりあげて涙が止まらなかったぼくの嗚咽に、
旦那が気づいてしまったんですよね。

それが7時の5時くらい。
そのまま起きるまでふとんの中で
旦那に話を聞いてもらいました。

ぼくは学生時代に
ひどいいじめを受けていた思い出が強烈すぎて、
一週間に一度ほどの頻繁な割合で、あの頃の夢を見ていたんです。

今日の朝見たようなものではなくて、実際にいじめられている夢。
本当に毎回リアルで、すごい悲しみに包まれた夢ばかりでした。

そしてぼくは、必ず自分の嗚咽で起きるんです。
「ああ、あれは夢だ…もうこんなことは実際にないはずだ…」
という安心感と…

「またこんなことが起きる暗示なの?」
という不安感がいりまじった感情で
目が覚めてもすっきりしなかったのを覚えています。

旦那と結婚してからは
見なくなっていたのですが、久々にいやな夢を見ました。


ホーム サイトマップ