100%失敗しないとは限りません

レーシックで視力を回復することが出来た人達は、手術前に自分自身でよく下調べをしているものです。
しかし感染症にかかってしまったりして失敗してしまった人達の多くは、自分自身での下調べをしてなかったことがよくあるのです。

 

まずは病院で起こった合併症や感染症の感染率を事前に必ず確認をしておきましょう。
もしその時に、レーシックを受ける候補に入れていた病院で発生率が高かった時には、別の病院を利用するようにしましょう。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません。
人の手で手術が行われている以上、ミスを起こしてしまうことが考えられるので万が一のことを考えてよく下調べしておきましょう。

 



100%失敗しないとは限りませんブログ:20-11-12

わたしの膝には、
息を殺して生き物を観察する
息子たちの重みが残っている。

わたしの背中には、
美しい花に感動をする
息子たちの鼓動が残っている。

わたしの瞳には、
星空を指差す家内と息子たちの
輝きが残っている。

わたしの心には、
家族で体験した美しい自然と
楽しい思い出が残っている。

そしてそのひとつひとつが、
わたしや家内を成長させてくれたと感謝している。

わたしたち夫婦に、
子育ての楽しさを教えてくれた二人の息子たちは、
難波と難波でそれぞれの夢に向かい、
学生生活を謳歌している。

再び二人となったわたしと家内は、
子どもたちと暮らすことが如何に刺激的で楽しい事であるか、
ため息をつきながら話している。

息子たちを豊かな自然を愛する人間に育てようと、
幼い息子たちを連れて実施する、
毎年のキャンプ旅行計画やスキー旅行計画は、
子どもたちの視線で自然を捉えるすばらしい体験となった。

仕事で疲れているから…は単なる言い訳であり、
息子たちのために時間をつくり出す努力が必要なことを
家族から学ぶことができた。

子どもたちとアイデアを出し合い、
採集、飼育、観察、製作、そしてそれぞれをまとめることも、
楽しい家族の時間となった。

家の中を占領する多数の飼育ケースに、
飼育の不備を指摘する家内の目は笑っていた。

毎日の生活において、
常に子どもの感性を刺激することが重要であり、
共に家族が成長する機会になることを体験できた。

わたしたちが子どもの時に毎日出会っていた、
ドキドキやワクワクが子育てにはいっぱいあり、
子どもたちと一緒に学ぶことができた。

ホーム サイトマップ