そもそもレーシックってどんな治療なのか

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

 

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。
メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。 レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

 



そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:20-10-05

ダイエットというと、
最もつらいのが空腹との戦いです。

自分が今まで余分に蓄えてきた
脂肪分をエネルギーに変えていかないと
ダイエットは成功しません。

ところが、今までと同じように
空腹というのは変わらず襲ってくるもの。

ですから空腹感を紛らわせるような
一工夫が必要になってきます。

そこで
ぼくがお勧めするのは、水です。

水というのは、何もカロリーがありません。
もちろん、炭水化物や脂肪といった
ダイエットの大敵になるような成分も含まれていません。

それでいて、水をコップ一杯でも飲んでおくと、
かなりウエストのすいた感じを抑えることができます。

ですから、
ダイエット中には水はいろいろな場面で活躍をします。

例えば、
食事をする前にお水を一杯。
これだけでも、
食事の量を抑えることができます。
お手軽ダイエットといえますね。

また水を飲む機会が増えてくると、
トイレの回数も多くなります。

実は、ここにも隠れたポイントがあるのです。

オシッコによって排出されるのは、
余分な水分以外にも老廃物なども含まれています。

老廃物は、うまく排出されずにたまってしまうと
むくみの原因となることもあります。

また、老廃物が体の中にたまってくると、
代謝の力を落とすことも分かっています。

つまり
痩せにくく太りやすい体になってしまうんですよね。

このような体になってしまえば、
ダイエットがさらに難しくなりますから、
何としても避けたいところです!

だから、
水分をこまめに摂取することによって、
ダイエットの効果を高めてくれることが
期待できるわけです。

ダイエットのために
水を有効に活用しましょう!

フンガフフ

ホーム サイトマップ